マネー感~ 金銭感覚とくらしのVOICE ~ ビンカン、トレンド、お金、ライフスタイル、若者、ボーナス、給料‗ビンカンステーション

家族からのTOPプレゼントは「お金」と並んで「PC・スマホ」がランクイン! マネー感|ビンカンステーション

プレゼントでお金をもらったら、「貯蓄に回す」と約6割の大学・専門学校生が回答

早いもので今年も残りわずか・・・
ハロウィーン、クリスマス、お正月といった嬉しいイベントが続きますね。
友達と楽しめますし、家族団らんの機会にもなりますし、もしかしするとプレゼントなんてゲットするかもしれません!!
今回のマネー感では、全国の大学・専門学校生のプレゼント事情をご紹介します。
SMBCコンシューマーファイナンスは、金融経済教育セミナーに参加した大学・専門学校生を対象に調査を行いましたので、その結果を発表します。

【調査概要】

調査期間:
2016年7月~9月中旬に開催したセミナーにて調査
調査対象:
金融経済教育セミナーに参加した大学・専門学校生
有効サンプル数:
470名(女性:354名、男性:116名)

まず、「特別な日に家族・親戚からよくもらうプレゼントは何ですか」と聞いたところ、約6割(59.57%)がお金・商品券と回答しました。次に多く回答が集まったのは、パソコン・タブレット・スマホ関連(45.11%)で、雑貨(40.43%)が3位となりました。
デジタル化が進んでいる現代では、お金・商品券と並んでPC・タブレットが人気プレゼントとなっていることが分かりました。

男女別で見ると、男女ともに最もプレゼントとしてもらっているものは、「お金・商品券」(男性68.10%、女性56.78%)でした。
次に男性がよくもらっている2位のプレゼントは、「服・靴・鞄」(37.93%)で、3位は、「パソコン・タブレット・スマホ関連」(23.28%)という結果でした。一方、女性がよくもらっている2位のプレゼントは、「パソコン・タブレット・スマホ関連」(52.26%)で、3位は、「雑貨」(48.87%)という結果でした。

お金・商品券は人気プレゼントNo.1という結果でしたが、一体どのタイミングにもらったか、気になるところですね。
次に、「お正月以外で、家族・親戚からお金や商品券をもらったことがあるイベントを教えてください」と聞いたところ、「入学・卒業祝い」が最も多く、75.96%でした。次に「誕生日」が2位(62.77%)で、「頑張った時のご褒美」が3位(34.26%)と、イベント以外に「頑張った時のご褒美」がTOP3にランクインし、動機付けのひとつになっていると言えますね。

最後に、気になる使い道について聞いてみました。
「お小遣い以外に、特別な日に家族・親戚からお金をもらったら/もらったとしたら、どうしますか」と聞いたところ、約6割の大学・専門学校生(59.06%)が「貯蓄する」と回答しました。次に多かったのは、「消費する」(35.31%)という結果でした。

前回のマネー感<大学・専門学校生の貯蓄実態>では、大学・専門学校生の貯蓄実態をご紹介しましたが、6割の学生が普段貯蓄しているということが分かりました。今回、特別なイベントでもらったお金でも、6割の大学・専門学校生が貯蓄するという結果となり、イマドキの大学・専門学校生の貯蓄意識が高いことが分かりますね。将来に発生する出費への備えや夢を叶えるためなど、少しずつ貯めていくといいのかもしれませんね。

豆情報

今回の調査結果では、大学・専門学校生の皆さんが貯蓄しているということが分かりましたが、手持ち現金としてお金を持っておくと、なかなかたまらな~~いとう方もいるのではないでしょうか。
そこで、金融機関に預けるのもひとつの方法です!
自分の目的・ペースに合わせて預金するとより効果的なので、銀行預金についてお知らせします。

銀行預金の種類をチェック!

出所:全国銀行協会

◎まとまったお金の預金に向いているのは、「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」ですね。

口座開設の手続きは?

ネット銀行はもちろんですが、最近話題になっているFINTECHが進んでいるからか、大手銀行をはじめ各地域の金融機関では、店頭に行かなくても、スマホやインターネットで口座開設ができる仕組みを導入しています。スマホのアプリをダウンロードし、運転免許証の読取や写真撮影で住所入力の手間が省くことができる、なんて便利なこの世の中!
それぞれの金融機関が求める書類などは違いますが、最低でも以下のご用意をおすすめします。
①本人確認種類等(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど顔写真付のものが望ましい) ②印鑑 ※スマホのアプリを通して口座開設を行う場合、印鑑レスで対応できる金融機関もあります。

口座開設は学生でもできる?

年齢制限なしで対応できるネット銀行もありますが、15歳以上または18歳以上とする銀行が多いので、手続きを行う前に各金融機関のホームページをチェックしておくことをおすすめします★