ページの始まり

当社のCSRについて

定義

当社のCSRとは、「SMBCコンシューマーファイナンスが社会からの信頼を得て、かつ社会と共に持続的に発展していくために、あらゆるステークホルダーに対して、経済的または社会的な価値を創造・提供・共有していくこと」です。

実践における基本方針

当社は、「安定した経営基盤の確立」と「コンプライアンスの徹底」を基本とし、社会の様々な課題解決に向けて、健全な事業活動を通じた積極的な取り組みを図りつつ、適正利益の確保に努めます。当社に従事するもの一人ひとりが、コーポレートブランド価値向上にむけて、社会の期待や要請を敏感に察知し、これらに真摯に向き合い、「お客さまや社会にとっての価値とは何か」「私たちだから出来ることは何か」を考え抜き、企業市民として一つひとつ実践していきます。そして、お客さまからの最高の信頼を得られるグローバルなコンシューマーファイナンスカンパニーの実現を目指します。

CSRの実践に向けた3つの重要課題

健全なコンシューマーファイナンス市場の形成
 
活気ある社会と笑顔で元気な人々の暮らしの実現
 
地球にやさしい事業活動の推進
 

環境方針

当社は、三井住友フィナンシャルグループの一員として、社員一人ひとりが高い環境意識を持ち、持続可能な社会の実現に貢献することを目指します。

  1. 環境への影響に配慮した事業活動を推進することを約束します。
  2. 環境に関するリスクを認識し、環境関連法令、規則等の遵守のもと、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減、汚染の予防などの取り組みを通じ、社会的責任を果たします。
  3. 上記方針を具体化するため、各事業年度に環境目的・目標を設定し、定期的な見直しを行うことで環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
  4. 本方針の全従業員への理解浸透と社内教育に努めます。
  5. 本方針は、当社ホームページでの公表等を通じて、広く社外にも開示します。

平成26年10月1日
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
代表取締役社長 幸野 良治

環境方針(PDF:61KB)PDFファイルを開きます

環境マネジメントシステム(EMS)の推進

2016年1月、環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格であるISO14001の認証を取得しました(対象:本社)。

環境マネジメントシステム(EMS)を推進していくことで、環境負荷軽減、関係法令の遵守等のみならず、お客さまへのサービス向上や業務改善を通じて、社会的責任を果たしていきます。

写真:登録証

登録証

ページの終わり