ページの始まり

健全なコンシューマーファイナンス市場の形成

お金に関する正しい知識と適切な判断力の習得を目的とした金融経済教育活動などを通じて、 市場への安心と安全を高めながら、その維持・拡大に寄与することを
目指しています。

金融経済教育セミナー

未来を担う学生や地域の方々が、お金に関する正しい知識を習得するとともに適切な判断ができるよう、金融経済教育の普及に取り組んでいます。

大学生向けセミナーの写真

大学でのセミナー

小学校での出前講座の写真

小学校での出前講座

高校生向けセミナー写真

高校生向けセミナー

全国18箇所にあるお客様サービスプラザが主体となり、学生や地域の方々を対象に金融経済教育セミナーを開催しています。このセミナーは「生活設計・家計管理」「ローン・クレジット」「金融トラブル」の3つのテーマで実施しており、2011年の開始から全国でのべ63万人以上の方にご参加いただいています。

お客さまの状況に適したご融資枠の設定

貸金業法をはじめとする各種法令遵守はもちろん、なによりお客さまが無理なくご返済できるためのご融資枠の設定に努めています。自社開発した「自動与信システム」によるご融資額を基準とし、併せて責任者による判断を加えて的確なご融資額を設定しています。

お客様サービスセンターでの審査の写真

お客様サービスセンターでの審査

お客さまが相談しやすい体制

お金に関する不安な気持ちを解消できるよう、お借入・ご返済・その他お金に関するご相談をはじめ、お客さまの状況に応じて専門機関への紹介や家計診断の支援など、 金銭に関する幅広いサービスを提供しています。

カウンセリングの写真

お客さま満足を追求したサービス向上への取組み

当社は、業界初となる24時間フリーダイヤルの受付やコンビニエンスストアでの入金受付代行サービスの提供など、 創業以来、お客さまの立場に立った対応を徹底し、CS向上に努めてきました。 2017年度は『社員一人ひとり、また組織全体のCS活動の進化・深化により、サービスクオリティの向上を目指す』との方針を掲げ、全社一体となった実効性のあるCS活動を推進しています。


お客さまの立場に立ったCS活動を推進するにあたり、社員一人ひとり、組織全体の意識と取組みが常に共有し合える持続可能な態勢を強化するため、 2017年4月には各部署にCSリーダーを設置しました。CSリーダーは各部署において、日々の業務に根ざしたCS活動を推進し、その活動を組織横断的に発信する役割を担っています。 また、CSリーダー間の情報共有や意見交換を通じて把握した情報や参考事例を各部署のCS活動に取り入れ、浸透させていくことで、CS意識の底上げを図り、実効性のあるCS活動の推進に繋がるように取り組んでいます


お客さま満足に向けた社内活動の一つとして、2015年1月よりWeb社内報に「CSルーム」を開設し、CS向上に繋がるアイデアや取組み、お客さまからいただいた「声」を掲載しています。 社員により提案されたアイデアは、社長を委員長とした経営会議メンバーなどで構成する「CS向上委員会」で協議され、システム変更などのサービス向上や業務改善に向けた取組みへ反映しています。 また、提案者を集めて、選ばれたアイデアについての意見交換会やCSアカデミー※を開催することで、より一層のCS向上意識に繋げています。

※CSアカデミー: 異業種のCS活動や意識を学び、日常業務からは得られない新たな気付きや自己課題を認識し、更なるCS向上意識の浸透を図ることを目的としたセミナー。

CS推進部の写真

ページの終わり