ページの始まり

CSRトピックス

本社のある銀座で採蜜体験

2015年7月31日

蜂蜜たっぷりの巣、かなりの重量です。

蜂蜜たっぷりの巣、かなりの重量です。

初めての遠心分離機

初めての遠心分離機

当社では、従業員参加型のCSR活動の1つとして、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト(以下、銀ぱち)のご協力の下、「銀座で採蜜体験プログラム」を実施しています。身近なところから活動へ参加することで、街の環境や地域の活性化などについて考える機会をいただいています。

銀ぱちは、2006年、都市と自然環境の共生を目指し、銀座のビル屋上でミツバチの飼育を始めました。銀座は、一大商業都市とはいえ、周辺に皇居や日比谷公園、浜離宮など豊かな緑を抱える街であり、ミツバチはそこからソメイヨシノやユリノキなどの花蜜を集めてきます。
また、銀ぱちは、ミツバチを通じて、人とのつながり、社会とのつがなり、食・街・季節・環境・生態系など、多くと手を取り合って活動しています。私たちも、銀ぱちの活動を通じて地域に開かれた活動を推進していきます。

当社では7〜8月を「CSR推進月間〜笑顔のために〜」と定め、取り組み強化月間と位置づけています。本プログラムをはじめ、従業員一人ひとりが、各地域で様々な取り組みを実践することで、CSRの理解を深めることを目指します。

関連情報 当社のCSRについて

 

CSRトピックス一覧へ戻る

ページの終わり