ページの始まり

CSRトピックス

SMFG ボランティア活動:ADRA Japan主催 国内水害対策用の雑巾づくり

2015年9月11日

SMFG各社社員が集い、わきあいあいと雑巾づくり(於:SMBCコンシューマーファイナンス本社)

SMFG各社社員が集い、わきあいあいと雑巾づくり(於:SMBCコンシューマーファイナンス本社)

ADRA Japanへ雑巾を寄贈(於:SMBCコンシューマーファイナンス本社)

ADRA Japanへ雑巾を寄贈(於:SMBCコンシューマーファイナンス本社)

三井住友銀行では、有志役職員の給与から毎月一定額の金額(100円〜)を天引きする「三井住友銀行ボランティア基金」を設置し、社会的な課題の解決に取り組むNPOを支援しています。2013年度からは、寄付先のボランティア活動に参加する取り組みも開始しています。当社もSMFGの一員として、今年は6〜8月の24プログラム中、のべ168名の社員が参加し、社会課題に触れる機会をいただきました。

8/26は、SMFGボランティア活動の1つとして、ADRA Japan主催の国内水害対策用の雑巾づくりを実施し、グループ会社あわせて30名が参加しました。また、当社では7〜8月を「CSR推進月間〜笑顔のために〜」と定め、取り組み強化月間と位置づけていますが、本月間中に全国の有志社員で作成した雑巾1,265枚もこの日、ADRA Japanへ寄贈しました。

今後も、従業員一人ひとりが地域社会の声に耳を傾け、各地域で様々な取り組みを推進していきます。

三井住友銀行ボランティア基金については、こちら

◆NPO法人ADRA Japanについては、こちら

 

関連情報

当社のCSRについて

CSRトピックス一覧へ戻る

ページの終わり