ページの始まり

CSRトピックス

社員参加型の社内募金制度「約束の杜」2017年度寄付を実施

2018年4月27日

2018年2月および3月に、当社の社員参加型の社内募金制度「約束の杜」によって集まった募金を、支援先の福祉団体へ寄付いたしました。

「約束の杜」は、社員参加型の社内募金制度で2007年10月から実施しています。社員が3つの福祉団体(全国児童養護施設協議会/全国自立援助ホーム協議会/社会福祉法人日本聴導犬協会)から寄付する先を選定し、寄付金額を設定します。社員から集まった募金額に当社がマッチングギフトとして一定の金額を加え、年に一度、それぞれの福祉団体へ寄付しております。

2月16日には当社の本社ビルで、全国児童養護施設協議会(児童養護施設助成事業)と全国自立援助ホーム協議会(児童自立生活援助事業)の関係者をお招きし、寄付贈呈式を開催いたしました。
また、社会福祉法人日本聴導犬協会には3月30日に寄付いたしました。

【2017年度寄付実績】

項目

 全国児童養護施設協議会/ 全国自立援助ホーム協議会

社会福祉法人日本聴導犬協会

社員有志

1,251,900円

727,640円

お客様サービスプラザ募金箱

                   −

9,352円

当社からのマッチングギフト

1,251,900円

1,000,000円

寄付合計額

2,503,800円

1,736,992円

 

誰もが気軽に参加できるCSR活動として始まった「約束の杜」。開始から10年が経過しました現在も、支援先を想う社員一人ひとりの温かい気持ちによって力強く支えられています。 

 

関連情報

活気ある社会と笑顔で元気な人々の暮らしの実現

CSRトピックス一覧へ戻る

ページの終わり