ページの始まり

海外事業

事業概要

アジアで広がる消費者金融サービス

当社は国内で培ってきた与信、債権管理、業務運営、マーケティングなどのノウハウを活かし、台湾、香港、タイ、中国本土に現地法人を設立し、事業を展開しています。 当社の海外事業は1989年に台湾で始まり、1992 年に当社初の海外における消費者金融業の現地法人としてプロミス香港を設立しました。

 

プロミス香港

プロミス香港では、日本国内と同様に個人のお客さまに対し無担保・無保証による小口資金の融資を行っており、香港全土に有人店舗を27店舗、無人店舗を3 店舗展開しています。 また、近年はインターネットを通じた取引ニーズが高まっており、インターネットによる申込機能の強化を行うなど今まで以上に利便性の高いサービスの提供に努めています。 プロミス香港の業績は安定的に推移しており、営業貸付金残高は352億円となりました(2016 年3月末現在)。

 

プロミスタイランド

2005年にはプロミス香港で培ってきた実績をもとに、タイにプロミスタイランドを設立しました。創業10周年を迎えた2015年10月には新しいテレビCMをスタートさせ、 営業プロモーションの強化に取り組みながら、タイ全土に有人店舗を1店舗、簡易受付店舗※を88ヵ所に展開するなど、身近なパーソナルローン会社を目指しています。 今では、20万人を超えるお客さまにご利用いただいており、着実に営業基盤を拡大しています。

※ 有人店舗では申込から契約、返済も含め一連の手続きを行っており、簡易受付店舗ではお客さまの申込受付を行っています。

 

中国本土7都市

中国本土では、プロミス香港およびプロミスタイランドでの業歴を経て、7都市(深圳、瀋陽、天津、重慶、成都、武漢、上海)に現地法人を設立しています。 中国では「博民快易貸」というサービスブランドを使用し、インターネット広告の展開などを通じた認知の拡大に努め、業容を拡大しています。 各都市の顧客特性にあわせて商品の見直しを行いながら、その地域のお客さまに選ばれるサービスの提供を目指しています。
また2016年4月には海外事業部内に中国業務室を設置し、中国本土における現地法人の営業状況を横断的に把握しながら、中国事業を強化しています。

ナショナルスタッフの人財育成

当社は、各国・地域のお客さまのニーズにお応えするため、現地従業員の知識やスキルのレベルアップを重視しています。 各社での研修やセミナー等人財育成プログラムに加え、日本での受入研修を定期的に実施しています。営業から債権管理まで一連の業務を見学する短期間研修のほか、 1ヶ月にわたり当社が培ったノウハウを学ぶ長期間研修を実施しています。
一方、各社に駐在している日本の従業員の言語力のレベルアップおよび各地域の文化や価値観に対する理解度の向上を目的とし、駐在前の留学制度も導入しています。

海外拠点の地図

海外事業営業貸付金銭高推移のグラフ

ページの終わり